myDid

個人情報の制御を取り戻すアプリケーション。

myDidとはなんですか?

エンドユーザーにとっては、バッジ*とクレデンシャルを収集できる1つまたは複数のデジタルIDを、使いやすく確認しやすい形式で管理できるモバイルアプリケーションです。 したがって、このアプリはデジタルIDウォレットであり、このIDはパブリックブロックチェーン上のスマートコントラクトにリンクされているため、分散型IDまたは自己主権型アイデンティティと呼ばれます。

大まかに言って、myDidは、分散型IDを中心にこの新しいテクノロジーを採用したい専門家向けのソリューションを開発しているスイスの会社の名前でもあります。

* https://en.wikipedia.org/wiki/Self-sovereign_identity
* https://en.wikipedia.org/wiki/Mozilla_Open_Badges

myDidは何のために使えますか?

具体的には、myDidモバイルアプリを使用して、ユーザーのたまに分散型デジタルIDを作成し、検証可能な資格情報とオープンバッジの形式でユーザーの携帯でローカルに個人情報を受信・保存することができます。 ユーザーは自分の情報を使用して、Webサービスへアクセス・サインイン・登録及びドキュメントの署名などを行うことができます。

このアプリを使用すると、デジタルIDをより適切に制御できます。

myDidはどこで使えますか?

理論的には、myDidアプリは、同じ標準(DIDとオープンバッジ)を使用するサービスと互換性があります。 アプリはリリースされたばかりで(2022年6月)、この新しいテクノロジーをサポートする企業と交渉中です。 それまでの間、デモWebサイトでアプリの登録・認証(サインイン)をテストできます。また、デモDiscordサーバーでの認証(サインイン)をサードパーティのアプリに統合する方法を確認・理解することもできます。

myDidアプリのメリットは何ですか?

myDidアプリは、分散型デジタルIDの作成と、検証可能な資格情報とオープンバッジの使用を管理できる数少ないアプリケーションの1つです。(検証可能な)個人情報はローカルに保存されるため、myDidアプリは本当の分散型ソリューションです。 すべての同意の履歴を保持しながら、安全な方法で互換性のあるサービスと情報を共有することを意識的に選択できます。

モバイルアプリのおかげで、自分自身の身元(ID)と検証可能な情報を保持します。

myDidアプリの利用はとてもシンプルで、リンクをクリックしたり、携帯のカメラを使用してQRコードをスキャンしたりして、互換性のあるさまざまなサービスへアクセスできます。

--

--